Daijiro Cup

参加している選手の最年少は3歳。年齢制限はなく、使用するマシンに合わせた3つのクラスに分かれ3月から11月のシーズン中、毎年5~6戦が行われています。

大治郎カップへのエントリーは簡単です、サーキット秋ヶ瀬のライセンスを持っていればだれでもエントリーできます。

大治郎カップは年間5~6戦のシリーズ戦ですが、シーズン途中からのエントリーも可能で、日頃の練習成果を発表する舞台です。どんどん挑戦しよう!

2021 Daijiro Cupのレーススケジュールはこちらから

大会で使用されるマシンは全長1mほどの小さなオートバイながらその運動性能は高く、本格的な走りで基礎技術を学べることから、これまで世界で活躍したほとんどの日本人選手がこのジャンルに類するカテゴリーで育成されました。

2003年4月に加藤大治郎が他界した後も「子供たちにモータースポーツの楽しさを伝えたい」という故人の遺志に賛同した数多くの協力者により運営が継続されています。

車両規則とQ&A

Daijiro-Cup レポート

2021DAIJIRO-CUP第2戦レポート
5月2日(日)埼玉県・サーキット秋ヶ瀬で2021大治郎カップ第2戦が開催された。午前とお昼休みにパラパラと振った雨も路面に影響はなく、ドライコンディションでレースをすることができた。各地域から集合した74キッズたち...
2021DAIJIRO-CUP開幕戦レポート
3月28日埼玉県・サーキット秋ヶ瀬で2021大治郎カップ開幕戦が開催された。心配された雨予報もレース進行には影響がなく、全車スリックタイヤでレースに臨んだ。 2021年は新規参戦者が多く見られ、エントリークラスのバ...
2020DAIJIRO-CUP最終戦レポート
9月20日(日)埼玉県・サーキット秋ヶ瀬で「2020 Daijiro-CUP」最終戦が開催された。本年度はコロナ禍により各サーキット、スケジュール変更が続き大治郎カップは一足早い最終戦となった。心配された天候も何とか決勝までドライコン...
2020DAIJIRO-CUP第3戦レポート
7月26日(日)埼玉県・サーキット秋ヶ瀬で「2020 Daijiro-CUP」第3戦が開催された。当日は天気予報通りの雨模様で終日ウェットコンディションでのレースとなった。次回レースは9月20(日)大治郎カップ最終戦となる。 イベ...
2020DAIJIRO-CUP第2戦レポート
前日は雨から雪へと変わる寒い1日でしたが、決勝日は天候に恵まれ春らしいポカポカ陽気となりました。大治郎カップは74エキスパートクラス、74フレッシュマンクラスの2クラスを開催、レンタルバイクシリーズRB150クラスにも人気が集まり多くのエントリーがありました。

Daijiro Cupレポートをもっと読む

タイトルとURLをコピーしました