「チャレンジカップSTEGE-2」レポート

IMGP74214月22(日)埼玉県・サーキット秋ヶ瀬にて
「チャレンジカップSTEGE-2」が開催された。雨の予報が好転してドライコンディションで開催することが出来た。
今回からチャレンジカップは1日を通した全日のイベントに変更され、
朝のフリー走行からそれぞれがエントリーしたカテゴリーごとに走行が行われた。
この日は通常のレースの他に74大人クラスとベスパGPも開催され、74大人クラスには、「モデライダー・多聞恵美」さん、
「2輪ジャーナリスト・松井勉」さんがエントリー、レースを盛り上げてくれた。


4月22(日)埼玉県・サーキット秋ヶ瀬にて
「チャレンジカップSTEGE-2」が開催された。雨の予報が好転してドライコンディションで開催することが出来た。
今回からチャレンジカップは1日を通した全日のイベントに変更され、
朝のフリー走行からそれぞれがエントリーしたカテゴリーごとに走行が行われた。この日は通常のレースの他に、
74大人クラスとベスパGPも開催され、74大人クラスには、「モデライダー・多聞恵美」さん、「2輪ジャーナリスト・松井勉」
さんがエントリー、レースを盛り上げてくれた。


フレッシュマンクラス
No,5牧田颯生選手がポールスタート、
予選より好調をキープ、後続を引き離しトップでゴールした。続く2位にはNo,4森島洋平選手、3位にはNo,2山岸美舞選手が入賞、
表彰台をゲットした。




エキスパートクラス
エキスパートクラスでは、
No,6横田侑季選手とNo,10大和颯選手が予選から接近戦を展開、
決勝ではNo,15川崎祥吾選手が2人を追いかける3台での争いになった。横田選手と大和選手は、途中ポジションを入れ替えながら、
最後まで接近戦を続けるが、トップでチェッカーを受けたのは横田選手、僅差の2位は大和、続いて3位は川崎選手が入賞、表彰台をゲットした。







74大人クラス
大人クラスでは、初参戦のライダーも多く、
ついつい攻めすぎたのか転倒シーンも多く見られ、予選では紅一点の多聞恵美選手がファステストラップを記録するなど、
各ライダー最初から本気モードだったが、戻ってくると皆一様に楽しそうな笑顔を見せてくれた。
決勝ではレギュラーライダーのNo,41井田勇治選手が1度もトップを譲ることなくトップでゴール、完勝した。
2位には後方より順位を上げたNo46福岡選手、3位には大きな体をものともせずに追い上げを見せたNo,3松井勉選手となった。


No,3松井勉選手・車載映像(外部サイト)







 










Copyright(c)2012 DELTA ENTERPRISE. All
rights reserved.

 

タイトルとURLをコピーしました